ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

ロイヤルクイーンレシピ特集

旬の食材 キャベツ

キャベツの出回り時期

キャベツ

上手な選び方

保存方法

カットすると切り口が黒ずんで悪くなりやすいので、長持ちさせるなら丸ごと購入しましょう。買ってきたらすぐに芯をくり抜き、そこに濡らしたキッチンペーパーなどを詰めておくと、2週間は新鮮さを保てます。
丸ごとはビニール袋などに入れて、カットしたものは、ラップなどに包んで冷蔵庫で保存しましょう。

豆知識

ヨーロッパ原産のキャベツは、古代ギリシャ、ローマの時代から食べられていた最古の野菜のひとつです。野生種は結球しないケールのような葉キャベツで、栽培の長い歴史の中で、現在の丸く結球したものが生まれました。日本へは江戸時代に伝わり、明治以降に本格的に栽培されるようになりました。
年間出回っていますが、春キャベツの旬が3~5月、冬キャベツの旬が1~3月です。

管理栄養士・中沢るみ先生の栄養コメント

キャベツには、胃炎や胃潰瘍の回復に効果がある「ビタミンU」が含まれています。これはキャベツから発見されたので、別名「キャベジン」とも呼ばれている水溶性ビタミン様物質です。
また、ビタミンCやアミノ酸、カルシウムが豊富で、葉の部分にはカロテンが多く含まています。