ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

ロイヤルクイーンレシピ特集

旬の食材 かぶ

かぶの出回り時期

かぶ

上手な選び方

葉がみずみずしくて色鮮やかなもの、葉の付け根がきれいなものが良品です。また根は白く光沢があって丸く、硬く締まっているもの、つけ根からまっすぐひげ根が伸びているものが新鮮です。

保存方法

葉つきのまま保存すると、葉から水分が蒸発して根にすが入りやすくなります。必ず葉と根を切り離し、別々に保存しましょう。保存袋などに入れて冷蔵庫で保存すると、葉は2~3日、根は1週間ほど保存できます。

豆知識

地中海原産のアブラナ科の植物で、別名「すずな」と呼ばれ、春の七草の1つです。根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜に分類されます。
一般的には白くて小さい小かぶをよく見ますが、白のほかにも、赤いものや紫色のものなどの色に種類もあり、また京都の名産「聖護院かぶ」のように大きくなるかぶなど、品種はたくさんあります。

管理栄養士・中沢るみ先生の栄養コメント

葉の部分は、根の部分に比べて栄養が豊富で「カロテン」や「ビタミンB群」、「ビタミンC」、「カルシウム」、「鉄分」などが豊富に含まれています。
また、根の部分も「ビタミンC」が比較的多く、大根と同じ「アミラーゼ」というでんぷん分解酵素も多く含まれており、食べ過ぎの不快感や胸焼けを取り、整腸作用があると言われています。