ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

ロイヤルクイーンレシピ特集

旬の食材 ホタテ

ホタテの出回り時期

ホタテ

上手な選び方

殻付きのものは、貝の口が少し開いていて、手で軽く触ると閉じるもの、特に動きが速ければ鮮度のよい証拠です。ずっと殻が閉じているのは避けましょう。殻は欠けたところがなく、色が濃く筋目がはっきりしているものが良質です。貝柱は、大きくツヤがあって身が締まり、あめ色の透明感があるものを選びましょう。

保存方法

殻付きのものは、冷蔵庫に入れて保存しましょう。冷蔵庫で保存すれば翌日までもちますが、翌日使う場合は加熱して食べたほうがよいでしょう。貝柱も同様で、刺身用であっても、翌日使う場合は加熱して食べるほうがよいでしょう。長期保存する場合は冷凍して保存しましょう。

豆知識

ホタテのオスとメスの見分け方は、生殖巣の色の違いで区分します。オス(精巣)は黄白色をしており、メス(卵巣)はオレンジ色です。
また、ホタテの名前の由来は江戸時代の「和漢三才図会」にある「殻の一枚は船のようで、もう一枚は帆のようにし、まるで風に乗って走る帆船のようである。」という記述から呼ばれるようになったと言われています。

管理栄養士・中沢るみ先生の栄養コメント

ホタテは脂質が少なく、低カロリーのヘルシーな食材です。また、コレステロール低下作用のある『タウリン』や、貧血予防に効果のある『鉄』『ビタミンB12』も豊富に含まれます。うま味成分『グルタミン酸』『コハク酸』が多いため、干した貝柱はスープの原料としてもよく利用されています。