ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

毎日のヒント満載レシピ

若あゆレシピを印刷する

若あゆ

材料 8人分
用意するもの:ラップ・クッキングシート・金串

【生地】
卵…1個
砂糖…75g
はちみつ…30g
重曹…小さじ1/2
水…セニアカップ1
薄力粉…100g

こめ油…適量

【求肥】
白玉粉…40g
砂糖…35g
水…60ml

  • デザート・お菓子・パン
  • その他
  • その他
  • 151Kcal
  • 40分
使用したロイヤルクイーン調理器具
2コート
2コート
大ドームカバー
大ドームカバー
小スティーマー
小スティーマー
電気フライパン
電気フライパン
作り方
●白玉粉をマッシャ―で潰す。
①【生地】ボウルに卵・砂糖・はちみつ・重曹を入れて泡だて器で混ぜる。水を少しずつ加え、薄力粉を振るい入れて混ぜる。ラップをかけて室温で30分寝かす。
②【求肥】小ドームカバーに白玉粉・砂糖・水を入れてダマがなくなるまで混ぜる。
③2コートに約1cmの水を張って小スティーマ-をセットし、クッキングシートを敷いて②を入れて中火弱で約10分蒸す。
④大ドームカバーに片栗粉(分量外)を振ってから③を入れて8等分する。
⑤電気フライパンを120℃(250F°)にセットし、ランプが消えたら油を引いて①の寝かせた【生地】を【図①】のような形に流し入れる。表面がフツフツとしてきたらひっくり返し、サッと焼いて取り出す。④の【求肥】を乗せて半分に折り、ラップで包んで形を整える。同様に合計8個つくる
⑥⑤の【生地】に熱した金串で模様をつける。
提供:1509Sレシピ

栄養バランス・栄養ワンポイントアドバイス

『若あゆ』と言えばあゆの形をかたどった可愛らしい和菓子で、鮎の解禁の頃に売り出される夏のお菓子です。皮には重曹を加えますが、これは重曹を加えると水と二酸化炭素に分解されてこのガス(二酸化炭素)によって生地が膨らみ、ふっくら焼き上がるからです。キッチンの油汚れなど掃除にも使われる重曹ですが、このようにふくらし粉としても利用されます。

作ってみましたレシピレビュー

このレシピを作った方々のコメントです。作る際の参考にどうぞ。

レシピID 2627003