ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

毎日のヒント満載レシピ

小松菜と茄子の炒め煮レシピを印刷する

小松菜と茄子の炒め煮

材料 4人分
なす…4本
小松菜(長さ3cm切り)…300g

干しえび…30g
かつおだし…50ml

しょうが(みじん切り)…1片
今井のごま油…大さじ1

<A>
かつおだし…350ml
みりん…大さじ1
淡口しょうゆ…大さじ1
塩…小さじ1

にんじん(型で抜く)…適量
片栗粉・水…各大さじ3

【なすの皮のきんぴら】
なすの皮…適量
みりん・しょうゆ…各小さじ1
砂糖…小さじ1/2
今井のごま油…小さじ1
ごま(白)…少々

  • 和食
  • 炒める
  • 野菜類
  • 124Kcal
  • 15分
使用したロイヤルクイーン調理器具
3コート
3コート
1コート
1コート
作り方
●なすは皮をむいて3cmのくし型切りにする。皮は千切りにする。
●干しえびはだし(50ml)につけて戻し、細かく刻む。
①3コートを中火にかけ、ごま油を入れて戻した干しえび・しょうがを加えて炒める。
②香りがしてきたらなすを炒める。干しえびの戻し汁・<A>・にんじんを加え、蒸気が出たらほたる火にして煮る。
③なすがしんなりしてきたら小松菜を加え、全体に火が通ったら水溶き片栗粉を加える。とろみが付いたら火を止めて器に盛り付ける。
④【なすの皮のきんぴら】1コートを中火弱にかけ、ごま油を入れてなすの皮・みりん・しょうゆ・砂糖を加えて炒める。全体に火が通ったら火を止め、器に盛り付けてごまを散らす。
提供:1610Sレシピ

栄養バランス・栄養ワンポイントアドバイス

緑黄色野菜である小松菜には、「β―カロテン」や「ビタミンC」が豊富に含まれています。これらは体の老化を防ぐ抗酸化作用が強く、ガンの予防や粘膜の強化、免疫力アップに役立ちます。また、秋の茄子は『秋茄子』とも呼ばれ、小ぶりですが身が締まって甘みがある為、特に美味しいと言われています。「アントシアニン」がたっぷり詰まった皮はきんぴらにしても良いでしょう。

この料理に役立つグッズのご紹介

作ってみましたレシピレビュー

このレシピを作った方々のコメントです。作る際の参考にどうぞ。

レシピID 2641703