ロイヤルクイーン料理教室ロイヤルクイーン料理教室

  • TOP
  • 食育とは

食育のページ

「食育」ってどんなもの?

 
食育基本法では、
食育を「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」
とした上で、

 特に子どもたちに対する食育については
「心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたり健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくむ基礎となるもの」
と位置付けています。

 また、食育とは
『「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
健全な食生活を実践することができる人間を育てる』
ことであるとしています。

 
つまり、「食育」とは・・・

「知育」「徳育」「体育」に加えて重要視され始めた教育分野の1つで、国民一人一人が、生涯を通じて健全な食生活を実現させ、食文化を継承し、健康を確保する、など、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習です。

 「食育」が重要視されるようになった背景

   ● 「食」を大切にする心が無くなってきていること
   ● 不規則な食事や栄養バランスの偏った食生活が増えてきていること
   ● 肥満や生活習慣病(がん・糖尿病など)の増加
   ● 行き過ぎた"やせ"体型へのこだわり
   ● 「食」の安全性への不安
   ● 海外への「食」の依存の高さ
   ● 日本の伝統ある食文化が無くなってきていること

 こうした現状を受けて、国は「食育」の大切さを皆に浸透させるために、平成17年「食育基本法」という法律を制定し、食の大切さを説くようになったのです。

 「食育」を進めるにあたっての今後の課題と期待

  ● 「食」に関する考え方を育てて「健康で安全な食生活を実現」すること
  ● 消費者と生産者との間の信頼関係を築くことによる「地域社会の活性化」
  ● 日本の伝統ある食文化を受け継ぎ、発展させていくこと
  ● 自然環境と調和のとれた食料の生産と消費
  ● 食料自給率の向上
  ● 自然や「食」に関わる人々への「感謝や理解」を深めること
  ● 「適切な判断を行う力」を身に付けること
  ● 家庭・学校・保育所・地域等を中心に食育の推進に取り組むこと

 ロイヤルクイーンとしての取り組み

   
ロイヤルクイーン宣言

  食育を進める上では、小さいうちから食に関心を持ち、食に触れていくことが大事だと 言えますが、その前に私たち大人がそれを出来ているでしょうか??もちろん、私たち大人が知らないことを子どもたちに"教える"ことは出来ませんし、私たちが普段からしていなければ子どもたちが"姿を見て学ぶ"ということもありません。
  そこで子どもたちのためにもロイヤルクイーンでは上記の宣言の下、健康家庭料理を第一に考え、「ご家庭での手料理の大切さ」を、料理教室を通してお伝えする活動を続けています。



 
ロイヤルクイーン宣言ロイヤルクイーン宣言ロイヤルクイーン宣言
ロイヤルクイーン宣言